2020.11.16

敬老月間(保育)幼保連携型 海西ひばりこども園

カテゴリ:
大阪市保育連合会

取組み内容

毎年各クラスごとに祖父母の方を招いて世代交流の行事を行っている。祖父母の方のお話を聞いたり、一緒に遊んだりして交流を深める行事だが、遠方から来られる方、一家庭から4人の方が来られることもあり、祖父母も子どもも楽しみししている行事である。
今年度は新型コロナ感染症予防のためこの行事は中止としたが、子どもたちの祖父母の方に寄せる気持ちを表す取り組みとして、各クラスで祖父母や地域の高齢者の方へお世話になっていることを話し合い、各家庭では祖父母の方に電話やメール、手紙で気持ちを伝えることと、こども園前の掲示板に敬老の日の月に、メッセージを描いて貼り気持ちを届ける活動を行った。
 添付写真は5歳児が作成したものである。折り紙で花束を作り、「ありがとう」「けいろうのひ」などの文字を書き感謝の気持ちを伝えるようにした。

取組みの効果

敬老の日に気持ちを表すことができて、子どもにとっても、祖父母や、地域の高齢者の方にとっても、気持ちの交流ができてうれしい取り組みとなった。
 こども園の近くに住む地域の方から、掲示板に貼っているメッセージを見て「作ってくれてうれしい」「折り紙上手に折れるんやね」「字もかけるようになったんやね」「コロナに負けんように子どもも先生もがんばってね」などの言葉を頂いた。又、保護者の方を通じて、「おじいちゃん、おばあちゃんが孫から電話や手紙をもらって喜んでいました」との声も頂いた。
戻る