施設協の取組み
2022.03.30

【広報誌連動企画】ふだんのくらしをささえる仕事-施設職員の声-

大阪市内には、高齢者、障がい者、こども、生活困窮者などを対象とした社会福祉施設が約1,000か所あり、そこには一人ひとりの暮らしを支える施設職員がいます。

「具体的にはどんな仕事?」「やりがいは?」「大変なことは?」・・・そんな質問を「福祉を学ぶ学生のための施設職員とのWEB懇談会」(令和3年11月20日)に出席した10人の若手職員に聞いてみました。

福祉を学ぶ・関心のある学生の方などにぜひご覧いただきたいと思います。

①聖家族の家(児童養護施設) 水谷千菜さん

②天宗東住吉園(保育園) 森下幸弥さん

③加美北特別養護老人ホーム 齋藤愛さん

④救護施設 三徳寮 樽井将哉さん

⑤障害者支援施設 エフォール 宝来歩実さん

⑥報恩寮 阪上真一さん

⑦大国保育園 西理華さん

⑧特別養護老人ホームゆめあまみ 橋本彩乃さん

⑨救護施設 三徳寮 上田悠花さん

⑩スカイ・アンドロメダ 小池菜月さん

● 「福祉を学ぶ学生のための施設職員とのWEB懇談会」(令和3年11月20日)の開催報告は、広報誌「大阪の社会福祉」に掲載しています。また参加者アンケートの結果を含む、詳細版の開催レポートはこちらをご覧ください。

「福祉を学ぶ学生のための施設職員とのWEB懇談会」配信拠点の様子

● 福祉を学ぶ学生の方、福祉の仕事に関心がある方で、記事をご覧になって「こんな施設に見学に行ってみたい」「実際に職員の話を聞いてみたい」と思われた方は、大阪市社会事業施設協議会HPのお問合せフォームまで。事務局を担当する大阪市社会福祉協議会の職員が、あなたの思いをお聞きし、施設・団体等におつなぎします。

戻る